性病知識感染完治

知っておくべき梅毒の知識

梅毒は梅毒トレポネーマという最近によって発症する感染病です。主に性行為によって皮膚や粘膜の微細な傷口から入り込んで感染します。また、梅毒にかかっている人の血を輸血されたり、その血液に触れてしまったりして感染する場合もあります。

 

 感染すると長期にわたって進行する病気で、感染してから第1期~第4期に分けられています。感染してから約3か月までは第1期で、約3週間の潜伏期間を過ぎた後にトレポネーマが入り込んだ部分にしこりができるなどの症状が出ます。1か月程度で自然治癒しますが、その後再度潜伏期間に入り、この間にトレポネーマは全身に広がります。それから3年までが第2期で、全身の倦怠感や発疹などの症状が出ます。発疹の症状が治まる時期もありますが、完治しているわけではなく潜伏している状態です。その後10年までを第3期、10年以上を第4期と呼びます。現在は医療が発達したために腫瘍ができるまでに悪化することは滅多にありませんが、第3期までにしっかりと治療を受けずにいると重症化する場合があり、治療が長期化してしまいます。

 

 治療ではトレポネーマを死滅するためにペニシリンの抗生物質を使用します。第2期までは注射や内服薬での治療を1か月程度続け、第3期以降は梅毒血清反応の結果をもとに繰り返します。